ロシアの侵略に対してウクライナの人々を支援しよう
ジェット機を手に入れるために11,000,000ドルを集めよう

DD-WRT OpenVPN設定ガイド

VPN Unlimitedをご利用のユーザーの方々へ

DD-WRTは、無線LANルーターの機能拡張とアップグレードのために作られたオープンソースのファームウェアプロジェクトです。この代替ファームウェアは、デフォルトのルーターファームウェアの制限を取り除き、インターネットネットワークを制御するための高度な機能をユーザーに提供いたします。

あなたのルータを一流のVPN保護でカバーするにはチュートリアルガイドで、DD-WRTルータにOpenVPN®をセットアップする方法をご確認ください。OpenVPN プロトコルについての詳しい情報は、OpenVPNプロトコルとはの詳細記事をご覧ください。

注:もしお持ちのルーターがDD-WRTファームウェアでフラッシュされておらず、新たにフラッシュすることをご希望の場合は https://dd-wrt.com をご確認ください。こちらにはフラッシュする方法、どのルーターがサポートされているか、その他の関連情報など、必要なインストラクションがすべて記載されています。

 

I.DD-WRTのVPNセットアップのための設定を取得します。

 

DD-WRTルーターが当社のサービスで動作するように設定するための最初のステップは、手動設定ファイルの作成です。チュートリアルで説明されているいくつかの簡単な手順に従って実行してください。 

DD-WRTルーターにOpenVPNを設定するので、Protocol(プロトコル)フィールドで関連するOpenVPNオプションを選択します。必要な .ovpn ファイルが生成され、選択した VPN サーバードメイン名も生成されます。 

 

II.DD-WRT OpenVPN クライアントのセットアップ

 

ルーターがISP用に設定され、他のすべてがお好みの仕様に設定されたら、DD-WRT OpenVPNのセットアップを開始することができます。以下の簡単なステップに従ってください。

1. DD-WRTのルーターのインターフェースを開きます。やり方が分からない場合は、ルーターのIPを見つける方法の詳細な説明をご覧ください。

2. 下図のようにServices(サービス)> VPNと進みます。

OpenVPN configuration on DD-WRT-flashed routers

3. ここで、OpenVPN Client オプションを有効にし、以下の情報を入力する必要があります。

  • Server IP(サーバーIPアドレス)またはDNS Name(DNS名):生成されたコンフィギュレーション設定のドメイン名の行からサーバー名を入力します。
  • Port and Protocol(ポートおよびプロトコル):1194 udp(ovpnのデフォルト)が選択可能です。
  • Tunnel device(デバイスをトンネリングする):TUNを選択
  • Encryption Cipher(暗号化方式):AES-256-CBC
  • Hash Algorithm(ハッシュアルゴリズム):SHA512
  • Advanced Options(詳細オプション):有効
  • TLS Cipher(TLS暗号):TLS-DHE-RSA-WITH-AES-128-CBC-SHAまたはそれ以上
  • LZO Compression(LZO圧縮):なし
  • NAT:有効
  • Firewall Protection(ファイアウォールプロテクション):無効
  • Tunnel UDP MSS-Fix(UDP MSS-Fixをトンネリング):無効
  • Additional Config section(追加設定セクション):以下のデータを貼り付けてください。
reneg-sec 0
persist-tun
persist-key
ping 5
ping-exit 30
nobind
remote-random
remote-cert-tls server
route-metric 1
KeepSolid VPN Unlimited. DD-WRT OpenVPN configuration guide

4. 先にダウンロードした.ovpnファイルをお好みのテキストエディターで開き、以下のようにフィールドを埋めてください。

  • CA cert - 設定ファイルで、——BEGIN CERTIFICATE—— と ——END CERTIFICATE—— の行を含む <ca> </ca> の間のセクションをコピーし、このフィールドに貼り付けます。
  • Public Client cert - 設定ファイルで、——BEGIN CERTIFICATE—— と ——END CERTIFICATE—— 行を含む <cert> </cert> の間のセクションをコピーして、このフィールドに貼り付けます。
  • Public Client key - 設定ファイルで、——BEGIN PRIVATE KEY—— と ——END PRIVATE KEY——— の行を含む <key> </key> の間の部分をコピーして、このフィールドに貼り付けてください。

5. その後、 DD-WRTルータインターフェースの下部にあるApply Settings(設定の適用)をクリックします。これは、VPNを介してオンラインになります。DNSの問題については、Setup(セットアップ) > Basic Setup(基本セットアップ) > Network Setup(ネットワークセットアップ) > Static DNS1 and 2(固定DNS1および2)に移動し、それに応じてそれらの値を8.8.8.8および8.8.4.4に設定する必要があります。

以上です。DD-WRT OpenVPNの設定が完了し、VPN接続が実行されている状態です。DD-WRT用VPNは、ルーターに接続されたすべてのデバイスのトラフィックを暗号化し、あなたのオンライン活動がプライベートで保護されるようになりました。

 

他のデバイスでVPNを設定する必要がある場合にはマニュアルページで必要なVPN設定ガイドをご確認いただくか、カスタマーサポートにお気軽にお問い合わせください。

"OpenVPN "は、OpenVPN Inc.の登録商標です。

今こそVPN Unlimitedをお試しください!

今すぐVPN Unlimitedをダウンロードし制限のないウェブブラウジングをお楽しみください!