サマーセール
最もホットな価格で、最高のソリューションのライフタイムプランで購入しましょう

主要プラットフォーム向けWireGuardコンフィギュレーションガイド

WireGuard® は、最先端のセキュリティと大幅に最適化されたパフォーマンスを備えた最新の VPN プロトコルです。このプロトコルは、当初Linuxカーネル向けにリリースされましたが、現在はクロスプラットフォーム化され、あらゆるプラットフォームで展開することが可能です。 

WireGuardの機能については、WireGuardプロトコルとはの記事で詳しく説明しています。

LinuxデバイスでのWireGuard VPN接続のセットアップおよび設定方法について説明します。

注:Ubuntu 19.10を例にしています。

1. まず、ユーザーオフィスでWireGuard設定ファイルを作成する必要があります。これを行うには、このマニュアルに記載されている手順に従います。

2. WireGuard リポジトリを作成します。

sudo add-apt-repository ppa:wireguard/wireguard

3. WireGuard パッケージをインストールする。

sudo apt install wireguard

resolv.conf パッケージをインストールします。

sudo apt install resolvconf

4. WireGuard ディレクトリに移動し、wg0.conf ファイルを作成します。

cd /etc/wireguard

5. ユーザーオフィスに届いたWireGuardの設定をコピーし、テキストエディタでwg0.confファイルに貼り付けます。

nano wg0.conf

6. WireGuard 接続をオンにして、高速で信頼性の高いネットサーフィンをお楽しみください。

systemctl start [email protected]

7. システム起動時にWireGuardの接続をONにしたままにしたい場合は、以下のコマンドを出力してください。

systemctl enable [email protected]

8. コマンドを使用して、WireGuard 接続をオフにします。

systemctl stop [email protected]

9. 自動起動をオフにしたい場合は、以下のコマンドを使用します。

systemctl disable [email protected]

以上です。このガイドが、お使いのLinuxデバイスでWireGuard VPN接続を設定するのに役立つことを願っています。 

他のデバイスの設定が必要な場合は、マニュアルページをご覧いただくか、[email protected] からカスタマーサポートにお問い合わせください。

“WireGuard”は、Jason A. Donenfeldの登録商標です。

一流のVPNアプリを試してみませんか?

もう時間を無駄にはしない!最適な月額プランを選んで、ウェブブラウジングを始めましょう!